第二回「夜明け前」山里へは春の来ることもおそい。

夜明け前

第一部 上序の章 二


山里へは春の来ることもおそい。毎年旧暦の三月に、恵那えな山脈の雪も溶けはじめるころになると、にわかに人の往来も多い。中津川なかつがわの商人は奥筋おくすじ三留野みどの上松あげまつ、福島から奈良井ならい辺までをさす)への諸勘定かんじょうを兼ねて、ぽつぽつ隣の国から登って来る。伊那いなの谷の方からは飯田いいだの在のものが祭礼の衣裳いしょうなぞを借りにやって来る。太神楽だいかぐらもはいり込む。伊勢いせへ、津島へ、金毘羅こんぴらへ、あるいは善光寺への参詣さんけいもそのころから始まって、それらの団体をつくって通る旅人の群れの動きがこの街道に活気をそそぎ入れる。

中津川?
岐阜県南東部の市。木曽谷の出入り口にあたり、中山道の宿場町として発展。

勘定?
代金。

太神楽?
獅子を舞わせて悪魔払い,火伏せなどを祈祷する神楽の一種。

奈良井宿場祭 〜 御茶壺道中 #奈良井 #宿場祭 #御茶壺道中

Akiraさん(@aquila955)がシェアした投稿 –


西の領地よりする参覲交代さんきんこうたいの大小の諸大名、日光への例幣使れいへいし、大坂の奉行ぶぎょう御加番衆おかばんしゅうなどはここを通行した。吉左衛門なり金兵衛なりは他の宿役人を誘い合わせ、羽織はおりに無刀、扇子せんすをさして、西の宿境しゅくざかいまでそれらの一行をうやうやしく出迎える。そして東は陣場じんばか、峠の上まで見送る。宿から宿への継立つぎたてと言えば、人足にんそくや馬の世話から荷物の扱いまで、一通行あるごとに宿役人としての心づかいもかなり多い。多人数の宿泊、もしくはお小休こやすみの用意も忘れてはならなかった。水戸みと御茶壺おちゃつぼ、公儀の御鷹方おたかかたをも、こんなふうにして迎える。しかしそれらは普通の場合である。村方の財政や山林田地のことなぞに干渉されないで済む通行である。福島勘定所の奉行を迎えるとか、木曾山一帯を支配する尾張藩おわりはんの材木方を迎えるとかいう日になると、ただの送り迎えや継立てだけではなかなか済まされなかった。

例幣使?
例幣をささげるために遣わされる勅使ちょくし。江戸時代には、特に日光へのものをいった。

例幣?
朝廷から毎年の例として神にささげる幣帛へいはく

勅使?
天皇の意思を直接に伝えるために派遣される使い。

幣帛?
贈り物。進物。

陣場?
陣を構える場所の名残で地名か?建築物でもあったか?曖昧。

継立て?
宿ごとに人馬をかえて送ること。

人足?
荷物の運搬や普請などの力仕事に従事する労働者

宿役人?
宿駅業務の運営にあたった役人。

宿駅?
宿場。

水戸の御茶壺?
将軍家に献上の宇治茶を江戸まで運ぶ往来のこと。茶壺が通る際には大名でも駕籠を降りなければならない。

公儀?
将軍家、幕府。

御鷹方?
鷹狩りに関することを取扱った職名。

勘定所?
幕府や藩の役所。財政の運営、幕領の租税徴収を任務。

奉行?
命令を奉じて事を執行すること。またその担当者である奉行人をもいう。

多感な光景が街道にひらけることもある。文政九年の十二月に、黒川村の百姓が牢舎ろうや御免ということで、美濃境まで追放を命ぜられたことがある。二十二人の人数が宿籠しゅくかごで、朝の五つどき馬籠まごめへ着いた。師走しわすももう年の暮れに近い冬の日だ。その時も、吉左衛門は金兵衛と一緒に雪の中を奔走して、村の二軒の旅籠屋はたごやで昼じたくをさせるから国境くにざかいへ見送るまでの世話をした。もっとも、福島からは四人の足軽あしがるが付き添って来たが、二十二人ともに残らず腰繩こしなわ手錠であった。

文政九年?
1826年

牢舎御免?
牢舎を拒否・拒絶される?曖昧。

宿籠?
宿場の間を行き来した粗末な駕籠かご

師走?
陰暦12月の別名。

奔走?
物事がうまくいくように,あちこちかけまわること。

旅籠屋?
旅行者を宿泊させる食事付きの宿屋。

足軽?
最下級の軍人。

五十余年の生涯しょうがいの中で、この吉左衛門らが記憶に残る大通行と言えば、尾張藩主の遺骸いがいがこの街道を通った時のことにとどめをさす。藩主は江戸でくなって、その領地にあたる木曾谷を輿こしで運ばれて行った。福島の代官、山村氏から言えば、木曾谷中の行政上の支配権だけをこの名古屋の大領主から託されているわけだ。吉左衛門らは二人ふたりの主人をいただいていることになるので、名古屋城の藩主を尾州びしゅうの殿と呼び、その配下にある山村氏を福島の旦那だんな様と呼んで、「殿様」と「旦那様」で区別していた。

遺骸?
遺体。

輿?
1 人を乗せる、屋形の下に2本の轅(ながえ)をつけた乗り物。

代官?
諸藩の直轄地の行政にあたる役人。

「あれは天保てんぽう十年のことでした。全く、あの時の御通行は前代未聞ぜんだいみもんでしたわい。」

天保十年?
1839年

この金兵衛の話が出るたびに、吉左衛門は日ごろから「本陣鼻」と言われるほど大きく肉厚にくあつな鼻の先へしわをよせる。そして、「また金兵衛さんの前代未聞が出た」と言わないばかりに、年齢としの割合にはつやつやとした色の白い相手の顔をながめる。しかし金兵衛の言うとおり、あの時の大通行は全く文字どおり前代未聞の事と言ってよかった。同勢およそ千六百七十人ほどの人数がこの宿にあふれた。問屋の九太夫くだゆう、年寄役の儀助ぎすけ、同役の新七、同じく与次衛門よじえもん、これらの宿役人仲間から組頭くみがしらのものはおろか、ほとんど村じゅう総がかりで事に当たった。木曾谷中から寄せた七百三十人の人足だけでは、まだそれでも手が足りなくて、千人あまりもの伊那の助郷すけごうが出たのもあの時だ。諸方から集めた馬の数は二百二十匹にも上った。吉左衛門の家は村でも一番大きい本陣のことだから言うまでもないが、金兵衛の住居すまいにすら二人の御用人ごようにんのほかに上下合わせて八十人の人数を泊め、馬も二匹引き受けた。

組頭?
名主を補佐して村の事務を執った村役人。

助郷?
宿場常備の人馬が不足する場合,幕府・諸藩によって人馬の提供を命じられた付近の郷村。

御用人?
金銭の出納や雑事などの家政をつかさどった者。


木曾は谷の中が狭くて、田畑もすくない。限りのある米でこの多人数の通行をどうすることもできない。伊那の谷からの通路にあたる権兵衛ごんべい街道の方には、馬の振る鈴音に調子を合わせるような馬子唄まごうたが起こって、米をつけた馬匹ばひつの群れがこの木曾街道に続くのも、そういう時だ。

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。