第四回「夜明け前」新茶屋に、馬籠の宿の一番西のはずれのところに、

夜明け前

第一部上 序の章 四

新茶屋に、馬籠の宿の一番西のはずれのところに、その路傍みちばた芭蕉ばしょう句塚くづかの建てられたころは、なんと言っても徳川のはまだ平和であった。
木曾路の入り口に新しい名所を一つ造る、信濃しなの美濃みの国境くにざかいにあたる一里づかに近い位置をえらんで街道を往来する旅人の目にもよくつくような緩慢なだらかな丘のすそに翁塚おきなづかを建てる、山石や躑躅つつじらんなどを運んで行って周囲に休息の思いを与える、土を盛りあげた塚の上に翁の句碑を置く――その楽しい考えが、日ごろ俳諧はいかいなぞに遊ぶと聞いたこともない金兵衛の胸に浮かんだということは、それだけでも吉左衛門を驚かした。そういう吉左衛門はいくらか風雅の道にたしなみもあって、本陣や庄屋の仕事のかたわら、美濃派の俳諧の流れをくんだ句作にふけることもあったからで。

芭蕉?
松尾芭蕉。江戸中期の俳人。

句塚?
句碑のある塚?

一里塚?
一里ごとに道の両側に土を盛り、エノキなどを植えて、距離を示す目印とした塚。

翁?
ここでは松尾芭蕉のこと。

俳諧?
日本独自の短詩形文芸。室町末期の山崎宗鑑・荒木田守武らによる滑稽・卑俗な作風を受け,江戸時代に松永貞徳が出て独自なジャンルとして確立。談林俳諧を経て松尾芭蕉の蕉風に至って文学的に高められた。

美濃派?
芭蕉一門の各務支考かがみしこうが美濃に興した俳諧の一派。

句作?
俳句を作ること。


あれほど山里に住む心地こころもちを引き出されたことも、吉左衛門らにはめずらしかった。金兵衛はまた石屋に渡した仕事もほぼできたと言って、その都度つど句碑の工事を見に吉左衛門を誘った。二人とも山家風やまがふう軽袗かるさん(地方により、もんぺいというもの)をはいて出かけたものだ。

山家風?
山に家がある人が着てそうな?

親父おやじも俳諧は好きでした。自分の生きているうちに翁塚の一つも建てて置きたいと、口癖のようにそう言っていました。まあ、あの親父の供養くようにと思って、わたしもこんなことを思い立ちましたよ。」
そう言って見せる金兵衛の案内で、吉左衛門も工作された石のそばに寄って見た。碑の表面には左の文字が読まれた。
送られつ送りつはては木曾のあき  はせを
「これは達者たっしゃに書いてある。」
「でも、この秋という字がわたしはすこし気に入らん。のぎへんがくずして書いてあって、それにつくりがかめでしょう。」
「こういう書き方もありますサ。」
「どうもこれでは木曾のはえとしか読めない。」
こんな話の出たのも、一昔前ひとむかしまえだ。
あれは天保十四年にあたる。いわゆる天保の改革の頃で、世の中建て直しということがしきりに触れ出される。村方一切の諸帳簿の取り調べが始まる。福島の役所からは公役、普請役ふしんやくが上って来る。尾張藩の寺社奉行じしゃぶぎょう、または材木方の通行も続く。馬籠の荒町あらまちにある村社の鳥居とりいのために檜木ひのき背伐せぎりしたと言って、その始末書を取られるような細かい干渉がやって来る。村民の使用する煙草入たばこいれ、紙入れから、女のかんざしまで、およそ銀という銀を用いたたぐいのものは、すべて引き上げられ、封印をつけられ、目方まで改められて、庄屋しょうや預けということになる。それほど政治はこまかくなって、句碑一つもうっかり建てられないような時世ではあったが、まだまだそれでも社会にゆとりがあった。

天保十四年?
1843年

天保の改革?
幕府の財政を再興するために実施されましたが、各政策は目立った成果を出すことができず、失敗に終わっています。主導していた水野は老中を免職され、失脚しました。

福島の役所?
木曾福島。

公役くやく
幕府から命じられた役務。兵役など。

普請役?
土木工事の際に各大名・武士・領民などに課せられた労働動員。

寺社奉行?
寺社およびその領地の人々などを管理し,その訴訟を受理・裁決。町奉行・勘定奉行とともに三奉行と呼ばれる。

村社?
村の神社。

背伐り?
木を切る。

あわせて読みたい関連記事

  • 第二回「夜明け前」山里へは春の来ることもおそい。第二回「夜明け前」山里へは春の来ることもおそい。 山里へは春の来ることもおそい。毎年旧暦の三月に、恵那山脈の雪も溶けはじめるころになると、にわかに人の往来も多い。中津川の商人は奥筋(三留野、上松、福島から奈良井辺までをさす)への諸勘定を兼ねて、ぽつぽつ隣の国から登って来る。中津川とは?岐阜県南東部の市。木曽谷の出入り口にあたり、中山道の宿場町として発展。勘定とは?代金。伊那の谷の方からは飯田の在のものが祭礼の衣裳なぞを借りに […]
  • 第三回「夜明け前」山の中の深さを思わせるようなものが、第三回「夜明け前」山の中の深さを思わせるようなものが、 夜明け前 第一部上 序の章 三 Ranch 🍀 #ranch #deer #鹿 あの脚が欲しいです #北アルプス #乗鞍岳 #御嶽山 @ jw.sasaがシェアした投稿 - 2018年 […]
  • 日本一楽しかったなキャンプツーリング日本一楽しかったなキャンプツーリング @haya_ssunがシェアした投稿 - 2018年 5月月13日午後4時32分PDT haya_ssun日本一楽しかったなキャンプツーリング🏕 . 夕方から参戦させていただきました 初めて関西の @seru250 さんとお会いできて。さらにやっと @14dme_miz_k さんともお会い出来て […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。