【瑠璃光院】机に写り込んどる若い紅葉

瑠璃光院るりこういん】京都府京都市左京区上高野東山55

瑠璃光院は、京都市左京区上高野にある寺院。岐阜市に本坊を置く「浄土真宗無量寿山光明寺」の支院で、本尊は阿弥陀如来。 もともと別荘として造営されたもんで、1万2000坪の敷地に数寄屋造りの建物と日本庭園を有する。通常は非公開じゃが、春と秋に公開しとる。

新緑の時期一人できたんじゃ。外は30℃近い初夏の陽気じゃが、室内はひんやり。混んじゃぁいましたが、静かで落ち着けた。みやすい写経もおもろかったんじゃ。(なぞるんじゃ。意味やらぁ別紙が添えてあった)今度は紅葉の季節に来たい。机に写り込んどる若い紅葉が、鏡紅葉んようで、写真を撮るんも楽しかったんじゃ。

4月15日~6月15日迄春の特別拝観じゃ。こけの緑と、もみじの緑、綺麗じゃ。日差しゃぁ暑かったんじゃが、風がぶち心地ええ。拝観料は2000円と高めじゃが、写経の用紙とネキにあるルイ・イカール美術館の入館券、ボールペンが頂けますけぇの。その場で写経し納経のうきょう出来ますけぇの。緑色の瑠璃光院も綺麗じゃ、今度は紅葉の頃の瑠璃光院にも行ってみたいゆぅて思いますけぇの。

小雨降る平日。雨の青紅葉もええじゃろうゆぅて思い、ふらりと向かったんじゃ。静謐せいひつな景色に、蛙の声と鳥のさえずり、水の音が響く。どこを切り取っても美しゅう手入れされた庭。一人で来てえかったゆぅて思わせてくれる、素晴らしい場所。

5月の特別公開に、行ってきましたんじゃ。10時から入場できるとの事じゃったが、10時に行ったらもう列が出来とって15分ほど待ちた。2000円とゆう高額じゃったが、2階の窓と机の反射しとる緑紅葉が感動的じゃったんじゃ。入場時に貰える袋の中に写経用紙が入っとるけぇ、机で写経することも出来ますけぇの。

出る前に写経を奉納ほうのうする場所があるけぇほいで返すんを忘れんとぉに。またボールペンも入っとるけぇ、高額な入場料の元もちぃたぁ取れるんかもしれんのぉ。御朱印ごしゅいんは御朱印帳に書いてもらうのじゃぁのぉてて、書いてあるんを買うタイプになるんじゃ。

(1)叡山電鉄「八瀬比叡山口駅」下車 徒歩5分
(2)バス「八瀬駅前バス停」で下車徒歩7分

あわせて読みたい関連記事

  • 樹齢700年の杉が鎮座しとる庭園【宝泉院】樹齢700年の杉が鎮座しとる庭園【宝泉院】 宝泉院は、京都府京都市左京区大原勝林院町にある天台宗の寺院。山号は魚山、本尊を阿弥陀如来とし、実光院とともに大原寺勝林院の僧坊の一つじゃ。天台宗の三門跡寺院の1つじゃ三千院の参道奥にあるんじゃ。 […]
  • 【四国カルスト】素晴らしい星空、明けていくなかの変化【四国カルスト】素晴らしい星空、明けていくなかの変化 5月のGWに朝焼けを見るため行ってきましたんじゃ。完全に冬装備でも強風が吹いとったけぇ凍えそうじゃったんじゃ。防寒防風対策をしっかりすりゃぁ、素晴らしい星空、明けていくなかの変化していく空の色やらげに素晴らしい景色に出会えますけぇの。ただ夜間の走行は思いがけん場所に人が撮影でいたりするけぇユックリ駆けられる方がよいじゃろう。夜間のトイレは姫鶴平が便利なようじゃ。 […]
  • 水色の湧水がこんこんと湧いとる【柿田川公園】水色の湧水がこんこんと湧いとる【柿田川公園】 昭和61年4月、「自然の保護・保全」「コミュニティー広場の確保」を目的に町民の憩いの場として柿田川の上流部に開園したんじゃ。園内の第1・第2展望台からぁ、年中変わることなく水が湧き出る「わき間」を見ることができ、湧水広場じゃぁ実際に水に足を入れて湧き水の冷たさを体験でける。ほいでからに、国指定天然記念物の柿田川を眺めながら散策できる遊歩道が整備されとるんじゃ。 […]
  • 棚田が朝日に照らされて、ぶち美しい【星峠の棚田】棚田が朝日に照らされて、ぶち美しい【星峠の棚田】 田植えが終わった棚田が朝日に照らされて、ぶち美しい光景が見られた。野生の鶯も間近に初めて見られて、鳴き声もステキじゃったんじゃ。トイレに巣作りをしとるツバメのツガイも元気に飛び回っとったんじゃ。 […]
  • 日本の絶景【山中湖花の都公園】山梨県南都留郡日本の絶景【山中湖花の都公園】山梨県南都留郡 富士山にいちばん程近い湖「山中湖」のほとり、標高1000メートルの敷き地を四季ときおりの花々で埋め尽くし、鮮やかな色彩と豊かな自然が湖畔の休暇をドラマティックに色づけし、その上清流の里内には、全天候型の温室があり、珍しい熱帯系植物やラン等が一年を通じて鑑賞できまんねん。この他に和風庭園があり、三連大水車、落差10m奥行き80mの明神の滝、水に親しめる水遊具広場、富士山噴火の神 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。