ヌマスギの神秘的な姿で有名になった【篠栗九大の森】

篠栗九大ささぐりきゅうだいの森】福岡県糟屋郡かすやぐん篠栗町和田1009

篠栗九大ささぐりきゅうだいの森は、福岡県糟屋郡篠栗町和田に所在する森なんじゃ。九州大学農学部附属演習林の一角で、敷地の西端にある蒲田池を取り囲む約17haの林地を、無料一般開放されとる区域じゃ。 一般開放は2010年7月18日に始まったんじゃ。

福岡市内から30分ほどの場所に、こがぁに非日常の自然があふれるところがあったかゆぅて思うほどの光景なんじゃ。鳥のさえずりや虫の音もにぎやかじゃが、遠くに飛行機や車の音も聞こえとる。池の周りに遊歩道が整備されとるけぇ、散策やランニングを楽しむ市民も多ぃぃ様子じゃ。ただし、雨や雪の後だと、道のぬかるみや水たまりになるけーの注意じゃ。夕方にゃぁゲートが閉まるが、木々が鬱蒼うっそうと茂って街灯もないけぇ、夕闇の訪りゃぁ早いけーこれも注意じゃ。

南口駐車場から時計周りで800m辺りに池に生える木があるんじゃ。4月~9月まじゃぁ6時から入れるけーの。

一時はインスタ公害で、ごった返しとったが今は落ち着いて散策でける。電車の場合は、門松駅から徒歩20分くらいで森の入り口に到着するんじゃけぇの。散策路は2キロ程度じゃ。

水面からそびえるヌマスギの神秘的な姿で有名になった篠栗九大の森じゃ。ヌマスギを見る為だけじゃったら、北駐車場から入るんがちこぉて便利じゃ。ただせっかくよう管理された自然豊かな場所なけぇ、できりゃぁ時間に余裕をもってぼちぼち散策してみましょう。わしが行った時は残念ながら池の水量がすくのぉ、ヌマスギ周辺は干上がっとったが、その分ぬかるんどる所はすくのぉ靴を汚す事もなかったんじゃ。

ヌマスギ目当てで行くじゃったら、水量が多ぃぃ時を狙って行くんがええゆぅて思いますが、ただそがぁな時は地面がかなりぬかるんどるけぇ、泥だらけになってもええサンダルや長靴を必ず持参しましょう。あと夏場は蚊が多ぃぃので虫除けも忘れんとぉに。博多方面から行く時は天神てんじん中洲なかすから西鉄特急バスで粕屋かすや警察署前まで行き(500円)そこから20分ほど歩きゃぁ着くんじゃけぇの。グループで行く時や歩きとぉない時はレンタカーを借りてしまうのが吉じゃ。

あわせて読みたい関連記事

  • 日本の絶景【山中湖花の都公園】山梨県南都留郡日本の絶景【山中湖花の都公園】山梨県南都留郡 富士山にいちばん程近い湖「山中湖」のほとり、標高1000メートルの敷き地を四季ときおりの花々で埋め尽くし、鮮やかな色彩と豊かな自然が湖畔の休暇をドラマティックに色づけし、その上清流の里内には、全天候型の温室があり、珍しい熱帯系植物やラン等が一年を通じて鑑賞できまんねん。この他に和風庭園があり、三連大水車、落差10m奥行き80mの明神の滝、水に親しめる水遊具広場、富士山噴火の神 […]
  • 日本の絶景【奥社参道のスギ並木】長野県長野市日本の絶景【奥社参道のスギ並木】長野県長野市 樹齢400年を超えるクマスギの並木が続く、木の勢いは今も衰えることなく参道の聖域を保ち、「パワースポット」として知られていまんねん。奥社は道路から歩いて2キロのトコ、参道の真ん中には、藁葺きの木造「随神門」があるんや、そこから数メートルの両側が特に神聖とされていまんねん。長野市北西部にそびえる戸隠山は、日本の古代神話と深くつながって、かつては山伏や隠遁者が住んでおったと言われ […]
  • 日本の絶景【上高地】長野県松本市日本の絶景【上高地】長野県松本市 長野県西部の飛騨山脈南部の梓川上流の景勝地で、中部山岳国立公園の一部ともなっており、国の文化財に指定されとる。標高約1,500m。全域が松本市に属する。「かみこうち」の名称は本来「神垣内」の漢字表記やけど、後に現在の「上高地」の漢字表記が一般的となりよった。 […]
  • 日本の絶景【駒止湿原】福島県南会津郡日本の絶景【駒止湿原】福島県南会津郡 南会津町と昭和村の境域に横たわる駒止高原山地には、山上に十数個の湿原が点在する。代表的な大谷地、白樺谷地、水無谷地の3湿原は駒止湿原として親しまれ、国の特別天然記念物にも指定されとる。低層湿原、中層湿原、高層湿原がひとつの湿原に存在しとるのが特色で、各湿原の階層ごとに生いそだつ植物の種類も多々ある。 […]
  • 日本の絶景【木谷沢渓流】鳥取県日野郡日本の絶景【木谷沢渓流】鳥取県日野郡 木谷沢渓流は、その奥大山を物語る上で欠かすことのでけへん「水」と「ブナ」をシンボルとする渓流や。日本百名山のひとつ・中国地方最高峰の「大山」の自然の恵みを受け、良質の天然水と艶やか空気が引き寄せられる奥大山。散策道を進むこと数分、耳に届けられるせせらぎの瀬音、森に住む小鳥たちの鳴き声やらなんやら、目の前に広がるひと時はまさしく神がかり的や。四季おりおり、そこには人の心を癒す神 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。