ヌマスギの神秘的な姿で有名になった【篠栗九大の森】

篠栗九大ささぐりきゅうだいの森】福岡県糟屋郡かすやぐん篠栗町和田1009

篠栗九大ささぐりきゅうだいの森は、福岡県糟屋郡篠栗町和田に所在する森なんじゃ。九州大学農学部附属演習林の一角で、敷地の西端にある蒲田池を取り囲む約17haの林地を、無料一般開放されとる区域じゃ。 一般開放は2010年7月18日に始まったんじゃ。

福岡市内から30分ほどの場所に、こがぁに非日常の自然があふれるところがあったかゆぅて思うほどの光景なんじゃ。鳥のさえずりや虫の音もにぎやかじゃが、遠くに飛行機や車の音も聞こえとる。池の周りに遊歩道が整備されとるけぇ、散策やランニングを楽しむ市民も多ぃぃ様子じゃ。ただし、雨や雪の後だと、道のぬかるみや水たまりになるけーの注意じゃ。夕方にゃぁゲートが閉まるが、木々が鬱蒼うっそうと茂って街灯もないけぇ、夕闇の訪りゃぁ早いけーこれも注意じゃ。

南口駐車場から時計周りで800m辺りに池に生える木があるんじゃ。4月~9月まじゃぁ6時から入れるけーの。

一時はインスタ公害で、ごった返しとったが今は落ち着いて散策でける。電車の場合は、門松駅から徒歩20分くらいで森の入り口に到着するんじゃけぇの。散策路は2キロ程度じゃ。

水面からそびえるヌマスギの神秘的な姿で有名になった篠栗九大の森じゃ。ヌマスギを見る為だけじゃったら、北駐車場から入るんがちこぉて便利じゃ。ただせっかくよう管理された自然豊かな場所なけぇ、できりゃぁ時間に余裕をもってぼちぼち散策してみましょう。わしが行った時は残念ながら池の水量がすくのぉ、ヌマスギ周辺は干上がっとったが、その分ぬかるんどる所はすくのぉ靴を汚す事もなかったんじゃ。

ヌマスギ目当てで行くじゃったら、水量が多ぃぃ時を狙って行くんがええゆぅて思いますが、ただそがぁな時は地面がかなりぬかるんどるけぇ、泥だらけになってもええサンダルや長靴を必ず持参しましょう。あと夏場は蚊が多ぃぃので虫除けも忘れんとぉに。博多方面から行く時は天神てんじん中洲なかすから西鉄特急バスで粕屋かすや警察署前まで行き(500円)そこから20分ほど歩きゃぁ着くんじゃけぇの。グループで行く時や歩きとぉない時はレンタカーを借りてしまうのが吉じゃ。

あわせて読みたい関連記事

  • 人に教えたくないシワガラの滝人に教えたくないシワガラの滝 兵庫県の北部、鳥取との県境、小又川渓谷にシワガラの滝はある。その姿は洞窟に水をたたえ神秘的であった。手付かずの自然がありイヌワシ、ツキノワグマが生息している場所で、その昔は女人禁制で修験者が修行をしたと言われることから、神聖な場所であったにちがいないのである。 […]
  • あなたが知らない山中湖の世界にご招待 山中湖花の都公園あなたが知らない山中湖の世界にご招待 山中湖花の都公園 山中湖村は、はやくから避暑地として開け、夏の気温は20度前後、とても過ごしやすい。山中湖村の人口5800人に対し別荘3800軒、ホテル大小あわせて2500軒。夏から秋にかけて、たくさんの観光客が訪れ、年間400万人にもおよぶ観光地である。 […]
  • 思い出に残る青い池、それが北海道上川郡美瑛町思い出に残る青い池、それが北海道上川郡美瑛町 青い池は美瑛町の東南部、美瑛川左岸の標高約500メートルに位置しており、十勝岳の麓に湧く白金温泉から約2.5キロ北西の地点にある。
  • 奥社参道のスギ並木の底力を感じてください奥社参道のスギ並木の底力を感じてください 天照大神の伝説「天の岩戸」その岩戸が戸隠山に飛来し栄えた地である。平安時代、戸隠山の神様は「九頭竜」で、「天の岩戸」とのゆかりは語られていないのである。室町時代の修行僧が「戸隠山顕光寺流記」を編集、その中で「天の岩戸」と結びつけたのが始まりである。 […]
  • いつか見たかった上高地いつか見たかった上高地 河童橋からの景色があまりにも有名な上高地であるが、それだけではあまりにも、もったいない自然豊かな観光地である。河童橋の歴史は明治後期であり、河童橋にまつわる伝説は意外と新しく、芥川龍之介の小説「河童」の地でも有名である。神が降り立つ地「神降地」大和朝廷に破れ九州から逃げ延びた海洋民族が住んだ地、伝説は壮大である。 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。