棚田が朝日に照らされて、ぶち美しい【星峠の棚田】

【星峠の棚田】新潟県十日町市 峠

田植えが終わった棚田が朝日に照らされて、ぶち美しい光景が見られた。野生のうぐいすも間近に初めて見られて、鳴き声もステキじゃったんじゃ。トイレに巣作りをしとるツバメのツガイも元気に飛び回っとったんじゃ。

3月の末にこの場所を、訪問したんじゃ。周辺はまだまだ雪が残っとり、棚田もきしゃっと雪が残った状態じゃったが、こりゃぁこれでこの時期にしか見れん風景で、ええもんじゃったんじゃ。注意じゃが、この時期はまだ棚田を眺めるベストスポットまで行く道が雪で塞がれとり、ギリギリの場所に車を止めて、ちぃと雪の上を歩いて眺める感じじゃったんじゃ。十日町のサイトを見ると四月十三日頃から除雪が始まり安全が確認できてからの通行開始になるそうじゃ。

地元の方のお話じゃぁ、もともと「星峠」ゆぅてゆう場所はないそうじゃ。2005年(平成17)旧松代町が十日町市に編入後、美しい棚田をPRするために名づけられたとの事じゃったんじゃ。確かに地形的にも峠じゃぁなぃんじゃ。見晴らしが抜群で空気が澄んでおり、特に星がよう見えることに由来して命名された十日町市を代表する棚田の「景勝地」じゃ。

(1)ほくほく線「まつだい駅」から車で20分
(2)関越自動車道「六日町IC」から車で60分(国道253号線)
(3)北陸自動車道「上越IC」から車で60分(国道253号線)

あわせて読みたい関連記事

  • 水墨画んような景色を楽しめた【蒲生の棚田】水墨画んような景色を楽しめた【蒲生の棚田】 整備された駐車場と見晴台があり、気軽に観光できる。早朝に訪れたけぇ朝もやが立ちこめ、水墨画んような景色を楽しめた。時間の経過と共に、朝もやが薄れて棚田が姿を現してくるけぇ、中々幻想的じゃったんじゃ。 […]
  • オトナたちが熱狂する日本三大花火!長岡花火のすべてオトナたちが熱狂する日本三大花火!長岡花火のすべて 日本三大花火と称されるが、長岡の花火は、大曲・土浦とは異なり、長岡空襲や中越地震など慰霊や復興を祈念する花火大会が始まりである。
  • 夢を叶える清津峡渓谷トンネル夢を叶える清津峡渓谷トンネル 日本三大峡谷の一つとして知られる「清津峡」は昭和24年に上信越高原国立公園に指定され、学術的資料の宝庫でもある。清津峡渓谷トンネルでは4ヶ所から素晴しい景色が見れ、川を挟んで切り立つ巨大な岩壁は、国の名勝天然記念物にも指定されています。堂々たる柱状節理の岩肌と清流・清津川の急流の取り合わせはダイナミックで素晴らしく、訪れる人達に強い感動を与えます。 […]
  • 【四国カルスト】素晴らしい星空、明けていくなかの変化【四国カルスト】素晴らしい星空、明けていくなかの変化 5月のGWに朝焼けを見るため行ってきましたんじゃ。完全に冬装備でも強風が吹いとったけぇ凍えそうじゃったんじゃ。防寒防風対策をしっかりすりゃぁ、素晴らしい星空、明けていくなかの変化していく空の色やらげに素晴らしい景色に出会えますけぇの。ただ夜間の走行は思いがけん場所に人が撮影でいたりするけぇユックリ駆けられる方がよいじゃろう。夜間のトイレは姫鶴平が便利なようじゃ。 […]
  • 水色の湧水がこんこんと湧いとる【柿田川公園】水色の湧水がこんこんと湧いとる【柿田川公園】 昭和61年4月、「自然の保護・保全」「コミュニティー広場の確保」を目的に町民の憩いの場として柿田川の上流部に開園したんじゃ。園内の第1・第2展望台からぁ、年中変わることなく水が湧き出る「わき間」を見ることができ、湧水広場じゃぁ実際に水に足を入れて湧き水の冷たさを体験でける。ほいでからに、国指定天然記念物の柿田川を眺めながら散策できる遊歩道が整備されとるんじゃ。 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。