XR250MD30エンジンオーバーホール

バイクエンジンの分解 腰上

まずは、圧縮上死点を出するんじゃけぇの。
エンジン左の窓を二箇所開け、ソケット工具でフライホイールを回するんじゃけぇの。
こまい出窓のマークで止めて完了。
こうすることで、バルブスプリングにテンションがかからんようにしとるんじゃ。
デコンプがあるけぇ、揺すってカチャンと解除するんじゃけぇの。
カムシャフトとバルブスプリングが見えた。

XR250MotardFreak バイクエンジンの分解 腰上までXR250MotardFreak バイクエンジンの分解 腰上まで 

バイクエンジンの分解 腰下

まずは、セルモーターを外するんじゃけぇの。
セルギアのフタを開けたら水とオイルの混ざったマヨネーズが。
XRじゃぁよう見られる症状じゃ。
ブリーザーの兼ね合いで起るんじゃとか。
右クラッチ側のカバーを外するんじゃけぇの。
オイルポンプとカムチェーンが見えた。
ここをまるまる開けんとクラッチかえっこ出来ないなぁ不便よの。
もっとゆうと、クラッチとオイルポンプを外さんと、
カムチェーンとテンショナーが外せません。
カムチェーンが弱いエンジンばっかしに不親切じゃ。
ストレーナに破れがあったけぇかえっこじゃ。

XR250MotardFreak バイクエンジンの分解 腰下XR250MotardFreak バイクエンジンの分解 腰下 

XR250MD30エンジンOH 組み立て編 1

まず、整備の基本は洗浄からじゃ。
バイクの汚りゃぁオイル汚りゃぁもちろんじゃが、燃焼室にゃぁ燃えきらんカーボンが蓄積しとるんじゃ。
こりゃぁ石んように固い炭屑。
普通の潜在じゃぁ落ちゃぁせんので専用品を使いますけぇの。
その名もサンエスK1。

XR250MotardFreak XR250MD30エンジンOH 組み立て編 1XR250MotardFreak XR250MD30エンジンOH 組み立て編 1 

XR250MD30エンジンOH 組み立て編 2

さて、OHは腰上に移るんじゃ。
動きゃぁええっちゅうスタンスで組み立てとるけぇ、消耗品やらも極力再使用するんじゃけぇの。
つこぉても大丈夫な部品とそうでない部品。
問題が起きても後からかえっこしやすい部品。
これらを見極めながら、通勤用の温存エンジンを組み立とるんじゃ。

XR250MotardFreak XR250MD30エンジンOH 組み立て編 2XR250MotardFreak XR250MD30エンジンOH 組み立て編 2 

XR250MD30エンジンOH 組み立て編 3

作業の前に車体を掃除。
できるときに普段届かんところも洗浄しとくんじゃけぇの。
チェーンライン付近は特に汚れますけぇのぉ。
まずはクランクケースを載せますけぇの。
XRは車載しもってエンジンを組めるんがええところじゃの。
エンジンばっかしで30kgあるんじゃけん。
他にも理由はあるんじゃが後ほどクラッチパートにて。

XR250MotardFreak XR250MD30エンジンOH 組み立て編 3XR250MotardFreak XR250MD30エンジンOH 組み立て編 3 

XR250MD30エンジンOH 組み立て編 完結

組立は完璧なぁずがなんでかがかからん。
セルが弱いんかっちゅぅて押し掛けしてみても全然ダメじゃ。
ほぃじゃが、スターターモーターは反応しとるんじゃ。

こんように原因がわからんときゃぁ焦りが出るもんじゃ。
ほぃじゃが今までの経験と状況を照らし合わせながら一つづつ可能性を潰せば、
必ず答えが出るはず。
これがバイクを弄る醍醐味の一つとも言えますのぉ。

さて、セルは動くがエンジンは掛からん。
掛かる気配すらん。

XR250MotardFreak XR250MD30エンジンOH 組み立て編 完結XR250MotardFreak XR250MD30エンジンOH 組み立て編 完結 

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。