バリオス(Kawasaki)エンジンのオーバーホール

腰上のオーバーホール (1/2)

腰上ってなぁクランクケース(腰下)より上、シリンダーヘッドやシリンダー、ピストンの事。

どのぐらいのタイミングでOHすべきかは距離じゃぁ一概に言えんみたいじゃが
本来は走行 10万km程度でやるべきらしぃんじゃ。

『腰上のオーバーホール (1/2)』 (Bike Seibi バイク整備の記録)『腰上のオーバーホール (1/2)』 (Bike Seibi バイク整備の記録) 

シリンダーヘッドの外し方

クランクケースはそのままに、シリンダーヘッドだけ外す事が出来ますけぇの。
その外し方の手順。 取り付けもかるぅ。
カムシャフトを外すんに邪魔になるけぇテンショナーを外す。 8mmのレンチで。

『シリンダーヘッドの外し方』 (Bike Seibi バイク整備の記録)『シリンダーヘッドの外し方』 (Bike Seibi バイク整備の記録) 

シリンダー、ピストンの着脱

腰上OH(オーバーホール)の際にやる作業じゃ。 シリンダーヘッドを外してある事が前提じゃ。
シリンダーは引っ張るばっかしで外せますけぇの。 スムーズに抜けるようにKURE-556で潤滑してから行いましたんじゃ。
ピストンの頭を親指で押し下げながらシリンダーを持ち上げると抜き取りがスムーズ。
じゃけぇ 1,4番上死点だと作業しやすい。

ノックピンは緑の丸のところ。

『シリンダー、ピストンの着脱』 (Bike Seibi バイク整備の記録)『シリンダー、ピストンの着脱』 (Bike Seibi バイク整備の記録) 

腰上のオーバーホール (2/2)

新品のバルブステムシール を用意。
1個 300円ちぃとじゃが16個も用意すると5000円ぐらい。…何だか納得いかん。

シールは オイルで潤滑してから はめ込むんじゃ。 6mmのソケットがサイズぴったり、これで押しちゃぁめ込みましたんじゃ。

ちゃんたぁまったかよう確認! 写真右、止め輪の口がちぃと広がっとるんじゃ。 はまっとるように見えて、ええがぃにゃぁまっとらん状態。

『腰上のオーバーホール (2/2)』 (Bike Seibi バイク整備の記録)『腰上のオーバーホール (2/2)』 (Bike Seibi バイク整備の記録) 

腰下のオーバーホール

クランクケースを車体から外し、事前に左のエンジンカバー、 右のエンジンカバーは外したんじゃ。 スターターモーターも外するんじゃけぇの。ボルト外して引っ張るだけ。分割のためにまずは上部のボルトを外するんじゃけぇの。 10mmで。 固いから柄の長いレンチで。今度はひっくり返して。 同様に。外したボルトは場所によって長さがまちまち。
こがぁな感じでダンボールに場所がわかるように挿しとくとええ。

『腰下のオーバーホール』 (Bike Seibi バイク整備の記録)『腰下のオーバーホール』 (Bike Seibi バイク整備の記録) 

クランクケースの外し方

劣化して伸びたカムチェーンをかえっこすべくクランクケースを降ろす。クランクケースをリフトジャッキに乗せて外すんでエンジンの底を平らにするために外するんじゃけぇの。リフトジャッキで外す場合、いっぺんクランクケースを前方に引き出す必要があるんじゃが、ヘッドがあるとフレームと干渉して引き出せんので先に外しちゃいますけぇの。 重心も低くなって安定するし。

『クランクケースの外し方』 (Bike Seibi バイク整備の記録)『クランクケースの外し方』 (Bike Seibi バイク整備の記録) 

オイルパンを外す

オイルパンは12本もんボルトで固定されとるんじゃ。 サイズは8mm、場所によって延長ソケットが必要。

締め付けゃぁ 1.1kg・mで、場所的に作業しづらく、延長ソケットを使うので慎重に作業せんとレンチが斜めになって、ボルト舐めちゃいますけぇの。 わしゃぁ3本も舐めた…。オイル点検窓のちこぉのボルトはフレームのダウンチューブが邪魔で外せません。この右側のダウンチューブは外すことが出来ますが、ボルトを緩めてずらすばっかしでOK。
ここを外したけぇ(緩めたけぇ)ってエンジンが落っこちたりするこたぁ無いので気楽に。

『オイルパンのガスケット交換』 (Bike Seibi バイク整備の記録)『オイルパンのガスケット交換』 (Bike Seibi バイク整備の記録) 

シリンダーヘッドの外し方

シリンダーヘッドのはずし方は上をみちぇくれい。

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。