オトナたちが熱狂する日本三大花火!長岡花火のすべて

長岡まつり

日本三大花火と称されるが、長岡の花火は、大曲・土浦とは異なり、長岡空襲や中越地震など慰霊や復興を祈念する花火大会が始まりである。

打ち上げ場を挟んで2つの観覧会場が準備えされており、右岸は川面に映る花火が満喫できる区域、左岸は打ち上げ場所から近くダイナミックな花火が楽しめる区域と、見る位置によってバリエーションが楽しめまんねん。

日本三大花火のひとつに数えられ、2日間で約2万発の花火が打ち上げられまんねん。

信濃川のでっかいな河川敷が会場になっており、他では見ることのでけへんビッグスケールの花火が打ち上げられまんねん。

国内外からもようけの観覧者が到来、その数は、驚おったことに100万人超え!一般の観客は言うまでもなくマニアにも大人気の花火大会や。

  • 201882
  •  181006
  •  Happy
  •  e
  • 2018106
  •  c

あわせて読みたい関連記事

  • 普通じゃ満足できない蒲郡まつり納涼花火大会マニアのあなたに普通じゃ満足できない蒲郡まつり納涼花火大会マニアのあなたに 蒲郡まつり納涼花火大会のルーツは昭和25年の全国花火競技大火に始まり、昭和46年からは納涼花火大会として毎年開催され、昭和58から蒲郡まつり納涼花火大会となっている。 […]
  • 夢を叶える清津峡渓谷トンネル夢を叶える清津峡渓谷トンネル 日本三大峡谷の一つとして知られる「清津峡」は昭和24年に上信越高原国立公園に指定され、学術的資料の宝庫でもある。清津峡渓谷トンネルでは4ヶ所から素晴しい景色が見れ、川を挟んで切り立つ巨大な岩壁は、国の名勝天然記念物にも指定されています。堂々たる柱状節理の岩肌と清流・清津川の急流の取り合わせはダイナミックで素晴らしく、訪れる人達に強い感動を与えます。 […]
  • 水墨画んような景色を楽しめた【蒲生の棚田】水墨画んような景色を楽しめた【蒲生の棚田】 整備された駐車場と見晴台があり、気軽に観光できる。早朝に訪れたけぇ朝もやが立ちこめ、水墨画んような景色を楽しめた。時間の経過と共に、朝もやが薄れて棚田が姿を現してくるけぇ、中々幻想的じゃったんじゃ。 […]
  • 人に教えたくないシワガラの滝人に教えたくないシワガラの滝 兵庫県の北部、鳥取との県境、小又川渓谷にシワガラの滝はある。その姿は洞窟に水をたたえ神秘的であった。手付かずの自然がありイヌワシ、ツキノワグマが生息している場所で、その昔は女人禁制で修験者が修行をしたと言われることから、神聖な場所であったにちがいないのである。 […]
  • 思い出に残る青い池、それが北海道上川郡美瑛町思い出に残る青い池、それが北海道上川郡美瑛町 青い池は美瑛町の東南部、美瑛川左岸の標高約500メートルに位置しており、十勝岳の麓に湧く白金温泉から約2.5キロ北西の地点にある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。