「尾道の千光寺参り」で参道ルートを歩いてみた!

道屈指の観光名所「千光寺」へ。ゆっくりして懐かしい固有の情緒を漂わせる参道の経路をご紹介しんす 。急な坂に入り組んだ小みちや階段。旧い寺社や民家、ユニークなショップなどが密集して見せ所がたくさんの「坂の町・尾道」を十分に楽しみましょう。

JR尾道駅から国道2号を鉄道線路沿いに歩いて10分。軌道の下をくぐると立ち現れる石段が「千光寺新道」の玄関でありんすぇ。

情緒のある建築が軒を連ねる「千光寺新道」

新道と言っても、そこはレトロ気分おもいきりの尾道。一部分は石畳になっていて、観光旅行の広告や映画のロケ地にも使われたことがある尾道の情景を描写する坂道です。

「千光寺新道」はポスターにも用いられた「坂の街、尾道」の典型的な風景でありんすぇ。

振り返れば古い民家と石垣のすきまから瀬戸内海の「尾道水道」を眺望できんす。

「暗夜行路」などの著書で知られる志賀直哉もここで生活したことがあり、ここからの見晴しを眺めながら坂を歩いて、作品の一こまを描き出し表現させていたに相違ありんせん。

「志賀直哉旧居」の形姿。区画内には文学公園が管理されてありんす。

新道の途中の小道を入った場所に「志賀直哉旧居」がありんす。ここは志賀直哉が1912年からおよそ1年を過ごした敷地で、おおかたその頃のまんまが保たれて開示されていんす。

志賀直哉が生活した座敷。尾道の街並みを一望できる。

6畳と3畳の座敷に小さな炊事場があるだけの簡素なつくりでありんすが、ぬし、明り障子の向こうには尾道水道を望む良い展望が広がっていんす。

代表作「暗夜行路」にある「前の島に造船所がある。

そいで朝からカーンカーンと金槌を響かせている」といわす一部分は、まさしくこなたの家屋で知見したものでありんしょう。

「志賀直哉旧居」から新道に引返し、少し歩むと「文学記念室」がありんす。

ここには尾道と係りのある数多くの著作家の愛用品や書状、自筆起稿などが陳列され、代表作「放浪記」で知られる林芙美子の東京での書室も複製されていんす 。

立寄った2つの施設以外にも「中村憲吉旧居」と「尾道市文学公園」があり、これらの4施設は「おのみち文学の館」として文学研究愛好家には見逃せないところでありんすぇ。

無限の空間と時間が流れていそうな裏路地「猫の細道」

「猫の細道」ではたくさんの猫をお目にかかる。

多くの飼い猫や野良猫が生活「猫の町」としても知られる尾道でありんすが、ぬし、それを表わすのが「猫の細道」でありんすぇ。

ミステリアスな空気に包まれた「猫の細道」

「猫の細道」は尾道在住の芸術家 園山春ニ(そのやましゅんじ)さんが名付けたもので、約3000体もの招き猫を拾集する「招き猫美術館in尾道」や大正時代の古民家を再生したカフェ、猫グッズのショップなどが集まっていんす。

立ち処狭しと招き猫が立ちならぶ「招き猫美術館in尾道」の館内。

「猫の細道」では猫が描かれた丸い石を多く見かけんす。

これは園山さんが作りだした「福石猫」で、路肩や石垣の上など、こなたの区域に108匹が置かれてありんすそうでありんすぇ。

しとつしとつ顔つきや身なりが異なる「福石猫」。

「福石猫」は「猫の細道」の他にも尾道のあちこちに約3000匹が置かれていんすが、尾道のお土産としてはもちろん、家内安全や商売繁盛など福を呼ぶ置物として購入する人が多く、国内に1万匹、世界には4万匹がいるそうでありんすぇ。

園山さんは約20年前に尾道で個展を開いたことがかかわり合い自分の工房を「坂の町・尾道」に構え、個性的な世界観で町づくりを行っています。

「尾道イーハトーヴ」と名付けられた古民家再生や芸術による活動写真は、今では尾道観光に欠か せない構成要素になっていんす。

光る玉神話の「千光寺巨岩群」

「千光寺」希少な舞台造り

1200年以上の由来がある「千光寺」は、旧い寺社がたくさんある尾道でも屈指の寺です。
千光寺山 の山腹にあり、本堂の前にある朱塗りの舞台からは尾道水道や瀬戸内海の素晴らしい景色を見ることができんす。

光玉伝説が千光寺の由来

境内には高さ約15mの「玉の岩」があり、頂点に大玉が置かれていんす 。
これは「その昔、夜ごとに光っては遠い海上を照らしていた」といわす、古事を再現したもので、日が暮れると3色に光るように作られていんす 。

夕方6時に時の音を響かせる鐘楼

「玉の岩」の横には断崖にせり出すように鐘楼が建っていんす。
「日本の音景色百選」にもなった尾道の音の風物詩。
こなたの 鐘の音を取り上げた逸話は、志賀直哉や中村憲吉の作品中にも登場していんす 。

煩悩を無に「三十三観音堂」大念珠

「三十三観音堂」ここに参拝すると、他の霊場をも巡拝したのと同じ功徳があると伝えられていんす 。
正面に大念珠が下がっていて、幸福を念じゆっくり回すとカチカチといわす音が煩悩を打ち消しているそうです。

大きな岩に鎖を使って登る「くさり山」

「千光寺」には巨岩、奇岩があるのでありんしょうが 、中でも気になるのが「くさり山」岩に吊るされた鎖を使って登りんすが 、男性でも簡単には登りんせん 。

こなたの 他にも境内には石で叩くとポンポンと音がする「鼓岩(つづみいわ)」や、冬至のときだけ岩屋の先に日の出が拝める「御船岩(みふねいわ)」など 不思議な岩もありんす 。

千光寺裏参道にあたる「文学のこみち」

「千光寺」近隣は「千光寺公園」として管理され、春には桜の名所として人気の場所になっていんす 。
山頂は展望台があり、そこから山を下る裏参道の小路がありんす。
尾道に縁のある作家や詩人の一節を刻んだ文学碑がところどころに並ぶ「文学のこみち」があり、散策に人気の場所となっていんす 。

「文学のこみち」には25の文学碑がある

見ずには帰れない「尾道水道」の日暮れ

「千光寺」の境内から仰ぎみる夕暮れの尾道水道

見どころあまたの「千光寺」とその近隣ですが、必ず目に焼き付けて置きたいのが尾道水道の日暮れ。
参道や坂道の途中からも見ることができんす が「千光寺」の境内や「千光寺公園」の展望台は絶好の観賞場所。
対岸にある向島まで見渡せ、ライトアップされた「新尾道大橋(しまなみ海道)」や造船所のクレーンなど、尾道ならではの景色を望むことができんす。
わっち 的には、完全に暗くなるより黄昏どきの方が尾道らしい優雅さを感じんす 。