尾道でぜいたくなひと時をリッチ旅館特集!瀬戸内ラグジュアリープラン!

緒ゆたかな尾道の特別な高級旅館をご紹介します。

広島県の東側、尾道は情緒豊かな街並で有名です。

映画のロケ地ともなった坂道は尾道の代表的風景であり多くの観光客で賑わっています。

いにしえから船の交通の要所と知られ「北前船の寄港地として繁栄を見せた」とも言われています。

寺の街・文学の街としても有名な尾道、聖徳太子によって設立された浄土寺、空海によって作られた千光寺は重要文化財に指定されています。

大正時代の建築はリノベーションされ雑貨屋、カフェ、パン屋などに、大正時代にタイムスリップしたような、懐かしさと温かさのある街並みが拡がっています。

食も豊かで、名産品を使ったグルメも大人気です。

そんな特別の尾道で、特別の旅館で、特別の誰かと、特別な時間をお過ごしください。

せとうち 湊のやど

海運の要所として繁栄した土地を「湊」と呼ぶ、そこから名付けた尾道の宿「せとうち湊のやど」は歴史ある古い二つの町屋を多彩な建築様式によりよみがえらせ、和洋せっちゅうの贅沢なたたずまいで出迎えてくれるリッチな旅館です。

ゆったりとした旅のひと時を過ごせる特別な宿です。

島居邸としたわれた昭和6年に建築されたモルタル塗りの温もりを感じさせてくれる洋館では、建設当時の和のおもむきがある広いリビング、2階のバルコニーから尾道の穏やかな瀬戸内海を見渡せる「望」の客室。

元は蔵で強固な梁と吹き抜けのあるダイニングキッチンを備え、2階は和と洋の空間が広がる「蒼」の客室。

あと一つ、江戸期を思わせる漆喰の白壁が特徴の出雲屋敷は、客室が1階と2階で分かれ、濡れ縁では月を見ながら時が過ごせ、奥には茶室どこか懐かしい和の空間が広がる「月」の客室と、尾道水道が一望できる回り廊下と煎茶室で過ごせる「雲」の客室があり、贅沢な時間が過ごせます。

一軒家を賃貸借契約して宿泊する、目あたらしいスタイルで、すべての客室に食器や冷蔵庫を備え付けたダイニングキッチンやリビングがあり、自社製のドレスワンピーススタイルの部屋着や老舗メーカーのタオルなどアメニティも充実しています。

客室の随所に備後かすりを使ったクッションや備後たたみ表を使ったベンチなど伝統工芸も、誰にも邪魔されないひと時がすごせます。

お食事は、瀬戸内海の幸を自分で料理して頂きますが、船上や旅館内で味わう、山海の幸を使ったお食事をご紹介できます。

客室で料理人が調理をして、出来立てを味わう出張料理や、尾道の名物稲荷や穴子の押し寿司を頂ける、尾道名店の味を配達することや、瀬戸内海産物の干物を食事することもできます。

朝食は尾道桟橋の漁舟食堂にて定食を頂くこともでき、朝から新鮮な海の幸を堪能できます。

登録有形文化財 竹村家本館

明治35年に洋食屋「竹村家」を開業し、大正時代に料理旅館として「登録有形文化財 竹村家本館」を創業し、歴史と情緒を感じる門や塀、そして母屋が登録有形文化財に指定されています。

映画「東京物語」のロケーションに使われた旅館の、見事な庭園で出迎えられ、古雅でノスタルジックな空間が広がっています。
きめ細やかな「おもてなし」は、さすが高級旅館らしく旅のひと時を贅沢にすごせます。

木の艶が 美しい廊下の先にあるお部屋は数寄屋造りの5部屋で、名工の技術が随所に見受けられる和室があり、尾道水道に面した窓を開けると、絶景と爽やかな海風、波のささめきが聞こえてくる造りになっていて、のんびりとした時間が流れてゆきます。

お風呂は各お部屋にもありますが、どこか懐かしい広がりの大浴場は、檜で作られた湯船で手足を伸ばし、大事な人と二人でゆったりと浸れ、旅行の疲労を取り除いてくれます。

お食事は、著名料亭で修行をした先代から受け継ぐお料理で、瀬戸内の材料を、繊細な味付けで、どこか懐かしく奥深さのある料理です。

各お部屋で、出来立ての料理をいただきます。

西山別館

軌跡ある尾道で昭和18年に創業した西山別館は、たびたびメディアに取り上げられ、著名人も滞在するリッチ旅館です。
名工の技が際だつ優雅ある建築で出迎えられ、一歩足を踏み入れると素晴らく手入れされた芝庭園に瀬戸内海が見渡せ、その景色に感動を覚えます。

庭園にある離れの客室は、個々に情緒の異なる造りで、中でも日本建築の遺産と呼ばれる藁葺屋上の離れには、多くの著名人が旅のひと時を過ごします。

また他の離れは、和の神髄と言わせるほどの細工が至る所に施された数寄屋造りになっていて、茶室や応接室がある客室や、開けひろげの窓から尾道水道を見渡せる客室もあります。

本館玄関ホールに隣合う新館の客室全てから瀬戸内海が望め、畳の上でくつろぎのひと時を過ごす事ができます。

大浴場は安らぎのある広がりに石造りの内湯と、穏やかな瀬戸内海の風が心地よく入浴できる露天風呂があり、手足を伸ばしてゆったりと浸かれ、旅の疲れを癒してれくます。

瀬戸内海の新鮮な魚介と、地元の山の幸が多彩な会席料理は料理長のこだわりで、桜鯛はお造りや焼物、蒸し物、更には立派な鯛を土鍋で炊き上げた鯛飯は、旨味が凝縮され絶品で尾道の味を堪能できます。