尾道駅から近い順で御当地料理が食べれる居酒屋 おすすめ四選!

新幹線の駅である新尾道駅は内陸の山側に位置しているため実質的な尾道のエントランスといえば尾道駅になります。

駅の目の前には尾道水道と呼ばれる瀬戸内海があり、風光明媚な景色の空間がひろがります。

尾道駅は広島県にあるJR山陽本線の駅、御当地料理が食べれる居酒屋おすすめ四選!を紹介します。

郷愁に誘われる空間を演出

JR尾道駅から歩いて約3分、尾道水道を望む絶好の場所で、その日に揚った新鮮な魚介や地場の野菜を、昔懐かしいたたずまいの中で味わえると口コミで、地元の会社員などが通い詰めています。

尾道市街と対岸の向島を繋ぐ渡船の1つ、福本渡船の桟橋近くの古びたビルに店舗を構える「尾道渡し場 たまがんぞう」

たまがんぞうのコンセプトは、「レトロで懐かしい温もりのあるお店」インテリアには、向島の古民家のでかい梁や格子戸を使用、随所に漁具などを装飾、昔懐かしいムードのあるゆとり空間をリミックスし、2~4階が店舗(1階はオフィス)カウンター席や一部分の座敷席から渡船の行き来を見ることができるオーシャンビュー、来店のモチーフを高めています。

活きの好い魚介が誇り

材料は尾道など地元産にこだわり因島に居住する職員が朝、土生港に立ち寄り漁業者から太刀魚を買い求め、尾道の吉和漁港からは、瀬戸鯛やアコウなど、いずれも市場を通さず直接仕入れなので鮮度はすばらしい。

瀬戸内特産の穴子は、活〆の薄造りの他、ひつまぶしで、自家製のタレとトロロをかけていただき、締めは因島杜仲茶のお茶漬け。

尾道名産の「でべら」は干物で酒の肴として逸品です。野菜も尾道、朝市の品や、因島で採れる玉葱、じゃが芋、福山市田尻の原木しいたけなど、こだわりの地元産を仕入れています。

会社員の支持が高い

尾道の特産品を正面に押し出すメニューを揃え、立地場所もいいことから観光客がたくさんやってくるのですが、尾道の会社員の支持率が高い人気店で、特に宴会に使われることも多く、平均すると1日30人を集客しているようです。

3フロアに分かれ各階にスタッフ2人を配置し、お客様の要望にスピーデーな対応、おいしい料理はもちろん、きめ細やかなサービスにも配慮しているようです。

尾道 玉扇

一度は呑んでいただきたい『玉扇』さんのハイボール

一度は呑んでいただきたい。
尾道『玉扇』さんのハイボール!初めて口にした人は「えっ?これって?」と驚嘆すること請け合いです。

何が素晴らしいかは、旨い料理とともにご紹介していきます。

なんといっても尾道といえば海鮮!

なんといっても尾道といえば海鮮!安くておいしい魚介がいただける、ここは瀬戸内地方でも最高の魚場なので、実にここでしか味わえない魚介が楽しめます。

同じ魚でも、ここの味は違います。

さてそんなお店の引き扉を開けると真っ直ぐのカウンター席があり、その前が厨房になっていて、奥にはテーブルがあります。

入った直ぐのカウンタ-席に着席し、昼過ぎの入店でしたが、既にカウンタ-席では昼から一杯されている二人がいます。

おでん、うどん、お好み焼き、一品料理の他、ショーケースに即日イチ押しの海鮮やお肉が並んでます。

ガッツリ食べたい時も、ちびちびつまみながら一杯やりたい時も、玉扇さんなら大満足です!

ワタリガニ

とりあえず「ゆでワタリガニ」を注文します、わりとボリュームがあり食べ応えがありましたが、正解です、身のところは少ないですが、味噌が旨い。

瀬戸内で頂くとは考えてませんでしたが、あの高級上海ガニと同じもので結構ワタリガニは有名みたいです。

しまなみニンニクの鉄板焼き

このお店はもちろん鮮魚のお店なんですが、出入口すぐに大きな鉄板があり、鉄板焼きも楽しめ そうです。

お好み焼きを、鉄板で豪快に焼いていました。

カウンタ−テ−ブル上にはいくつかの、おばんざいもあります。

目に着いた一品で、広島県瀬戸田町産の「しまなみニンニクの鉄板焼き」を頂きました。

一般的なニンニクの鉄板焼きをイメ−ジしていたら全く違うものでした。

見た目は、ラッキョウかアサツキ、ワケギの様な感じで球根が大きく球根ところはニンニクに近い香り、葉のところはネギに近く極めて美味で、もう一度食べたいくらいでした。

驚愕のハイボールとは?

名物ハイボール!なにはともあれ、濃いーんです。

このハイボールを頂くと、他のお店のハイボールが水のように感じてしまいます。

「世界で一番濃いハイボール」でした。

廻船酒蔵 ベッチャーの胃袋

夜の尾道を歩いていて

夜の尾道を歩いていて、諦めかけた時に、あらよい感じ、にぎやかそうだけども、入れるかしら。

カウンターなら空いているという事だったので、入ってみた。

表に溢れてしまいそうな団体さんの靴をよけながら歩いて落ち着いた。

いちばん食べたかったお刺身の盛り合わせを快く一人前にしてくださいました。

穴子のお刺身

穴子のお刺身、実に旨い。

隣りになった、馴染と思われる方と少しお話。

日本酒は、お店の方に好みを伝えてお任せで出していただく。

お料理も、もちろん旨味しいのだけど、接客がとっても気持ちいい。

注文を気遣ってときおり来てくれ、何も言わなくても、おひやも持ってきてくれ、お客の気持ちが分かる接客というか、みなさんの人心地がよくて、安心して酔えそうなお店です。

穴子の白焼きを注文しようとしたら、一人ならと串焼きをお薦めされました。

建ってから約140年のお店もかなり最高だった。

ともいち

瀬戸内海でとれた魚をリーズナブルに

元旅館の「ともいち」おいしいものをリーズナブルに、お酒と共に楽しんで欲しいと居酒屋として、旅館の味を受け継いでいます。

一人でぶらりと、友人とテーブル席で、会社の宴会でわいわいと、大きな宴会場がある居酒屋は、尾道ではなかなかありません。

100種類のお酒

お酒にこだわっていて約100種類のお酒がお楽しみいただけます。

瀬戸内海でとれた、贅沢なお魚を新鮮に食べられるのが魅力で、どれも旬の味をそのまま堪能できる味わい、価格も手頃で、一番人気はやわらか~いエビが絶品でした。

えびの天ぷらは頭まで食べられ、付け合せの野菜天もおいしい。

マップ