タグ: 長野

いつか見たかった上高地

上高地

河童橋からの景色があまりにも有名な上高地であるが、それだけではあまりにも、もったいない自然豊かな観光地である。河童橋の歴史は明治後期であり、河童橋にまつわる伝説は意外と新しく、芥川龍之介の小説「河童」の地でも有名である。神が降り立つ地「神降地」大和朝廷に破れ九州から逃げ延びた海洋民族が住んだ地、伝説は壮大である。

奥社参道のスギ並木の底力を感じてください

天照大神の伝説「天の岩戸」その岩戸が戸隠山に飛来し栄えた地である。平安時代、戸隠山の神様は「九頭竜」で、「天の岩戸」とのゆかりは語られていないのである。室町時代の修行僧が「戸隠山顕光寺流記」を編集、その中で「天の岩戸」と結びつけたのが始まりである。