民族・宗教の世界・特集

アメリカ的普遍主義

おれは政治はよくわからんが、まあアメリカって国は金も力もぶっちぎりに持っていて、色々過激なことをやりながらも自由とか平等とか希望とかっていう普遍的な価値観を元にした理想主義ってのを(色々言われながらも)主導してきた国ってのはイメージとしてあるから。デスストランディング楽しみや。

— tsurumiyaoka🎮 (@tsurumiyaoka) October 31, 2019

どれだけ政府を批判しても「私はアメリカを信じている」とさえ言えばアメリカ的だと証明されることは正しい。正義と民主主義の普遍の真理が日本人にも広まることを願ってるけどそんな日は来ない

— カーンの逆襲 NOV16ウォルフィッシュ&ジマー (@TheWrathof_Khan) August 15, 2019

元々植民地だった所から独立した経緯を持っているアメリカは、
「自由」というイデオロギーによって成立した「左翼国家」だ。

「日本の保守」とイコールになる訳も無いし、
そもそも「保守思想」と言う物は、共産主義思想と違って世界中に普遍的に当てはまる物ではない。

— 山川大蔵(竹島・樺太・全千島奪還) (@XOPieFszaUHXlgN) July 6, 2019

ソ連的普遍主義

ソ連は、民族とか宗教を超えた普遍的な価値でまとまっている国という建前だったけれど、でも実際には、いろいろあって、やっぱり共産主義という建前では世界は、とてもまとめきれるものではなかった…というあたりが20世紀の教訓だったように思える。

— 斉藤久典 (@saitohisanori) March 25, 2019

ソ連解体で、社会主義という普遍的価値を放り出してしまったのよなあロシアは。そんなものを背負える状態では無かったので仕方ないけど。

— Хаями Расэндзин (@RASENJIN) March 1, 2014

社会主義の基本理念はインターナショナリズムだ。しかし、ソ連も東欧も結局は民族と宗教の複雑な軋轢の中で分解し、沢山の矛盾が噴出したままにある。一方のEUも徐々に綻びが出始めているかに見える。人類が…普遍的な平和の実在にこそ自由が実るという事実を再認識し、地域紛争を回避できればと願う

— Ruy R. Springfeeld (@77springfeeld) October 28, 2016

新普遍主義の可能性

社会主義は市場経済と矛盾するものではなく、20世紀で終わったわけでもない。中国が成功したら、アメリカが合流する可能性もある。市場経済は普遍的だが、資本主義は普遍的ではない。

— 池田信夫 (@ikedanob) June 25, 2019

民族・宗教の世界・特集

混沌と無秩序の多くは民族を中心とした地域紛争

ロシア正教

ロシアで最も影響力のある宗教といえば、何といってもロシア正教だ。そこには多くの崇拝の対象があるが、なかでもイコンは特別な位置を占めている。美しく、精神性を体現し、奇跡を行い、国を敵から守ると信じられている。https://t.co/QeGXd3mkkc

— ロシア・ビヨンド 日本 (@roshiaNOW) September 18, 2019

聖イサアク大聖堂(ロシア)-サンクトペテルブルクにあるロシア正教の大聖堂で、高さは101.5メートル。アレクサンドル1世の時代に建造されたもので、フランス人宮廷建築家オーギュスト・ド・モンフェランの設計により、1858年に完成。
#旅に出たい pic.twitter.com/FEoUO8ZbIe

— いつか行きたい!憧れの世界遺産!(@itukaikitai_)Mon Oct 28 12:06:05 +0000 2019

イスラム教

【サウジアラビア】カアバ。カアバ神殿(カーバ神殿)とも呼ばれる神殿。メッカ預言者ムハンマドの出生地で、イスラム教の発祥地。イスラム最高の聖地として、多くの巡礼者が訪れます。「カアバ(カーバ)」とはアラビア語で「立方体」の意味。 pic.twitter.com/xevBsmMWAS

— 世界を旅するネットビジネスマン(@bananabox112)Sun Oct 20 15:33:35 +0000 2019

ウマイヤ朝(661~750)
正統カリフ時代の跡を継いで誕生したイスラム帝国。西に東に聖戦を展開して大帝国を築いたが、イスラム教の教義に反して非アラブ人に差別的な政策をとったことが災いして滅亡。差別はいけない(戒め)
pic.twitter.com/xti2hiYeZh

— 偏見で語る消滅国家bot(@henkenkokkabot)Sat Oct 26 11:03:08 +0000 2019

イスラム原理主義

自爆テロをするイスラム原理主義者はこのように洗脳されている。

「彼は知っていた。(殉教すれば)想像を超えた精神的、肉体的な喜び、神に次ぐ高い地位が自分を待っていることを。なかでもうれしいのは、一度見たら忘れられない美しい目をした72人の処女との神聖な結婚だ。」 pic.twitter.com/kOjX6KTMMF

— プロの話聞き屋🇧🇴 桜井🌺(@sakurai7715)Mon Oct 21 02:30:55 +0000 2019

新興宗教カルトの台頭

原理主義的なキリスト教徒の一部は、進化論を教える学校教育を拒否し、
独自に「ホームスクール」や「チャーチスクール」という教育形態をとる。
この宗教的運動は、「創造論」「創造科学」をその思想的な背景とする。

具体的には、「クリエーション・リサーチ」(旧・創造科学研究会)のほか、
「チア・にっぽん」といった、進化論や公立学校を否定する団体である。
彼らは義務教育の拒否を、聖書の「出エジプト」になぞらえているらしい。

一方で、国民には、子女に法律の定める普通教育を受けさせる義務がある。
子供から公立学校での義務教育を奪うと、憲法に違反してしまうのである。
創造論を主張するクリスチャンたちは、どのように対処するのだろうか。

引用元: ・キリスト教新興カルト教団について

オウム真理教

あるジャーナリストが、サリン事件が起こったあとのオウム真理教青山総本部で対応してくれた東大理系出身の若い信者に対し、なぜあなたはオウムに入信したのかと問うたとき、彼は街を見下ろしながら「この世には金と、セックスと、食い物しかないじゃないですか」と吐き捨てるように答えたという。

— 雨澤佑太郎(@AMESAWA1111)Tue Oct 29 09:34:56 +0000 2019

人民寺院

ダークサイドミステリー「人民寺院事件 本当にその道しかなかったのか」 – NHK 私は大丈夫、と思ったら大間違い。900人以上の集団自殺・人民寺院事件でなぜ人々は死を選んでしまったのか。生存者の証言から描く、身近なマインドコントロールの恐怖。 https://t.co/87PHHkoXqp
今夜21:00から。

— 瀬尾はやみ (@hayamiseo) September 5, 2019

全世界的グローバリゼイション

イギリス国民のEU離脱決定は、別世界のことではなく、実は我が国も突き付けられている同じ問題へのイギリス国民の解答なのである。それは、グローバリゼイションへのイギリスナショナリズムの解答である。つまり移民問題へのイギリスの解答なのだ。https://t.co/v1cJSwdVqr

— Bell Boyd (@Bell_Boyd) June 28, 2016

潜んでいた本質は、グローバリゼーションが実はアメリカナイゼイションのことであるという事実であった。/<TPPから消された「戦略」の2文字>戦略グローバリゼイションとはアメリカナイゼーション(全地球アメリカ化)だ(mediagong) http://t.co/ZRX5taOh6p

— BLOGOS編集部 (@ld_blogos) October 8, 2015

日本を貶める国賊国会議員は増税路線でデフレを更に深刻化させて日本経済を殺す路線であり、深刻な惨害を我が国に与える。又 TPPというグローバリゼイションの美名のもとに、アメリカの多国籍企業というハイエナの餌に日本を提供する暴挙である。打倒しなければ、祖国は滅びる。 西村真悟

— 浜田国雄 (@sankyuz) October 27, 2011

近代化・欧米化へのアンチテーゼ

国民の9割が幸せと思っている国 近代化を拒否する政策 近代国家へのアンチテーゼなんでしょうか 国王も嫁さんも海外で学んでるらしいけどどういう価値観なのか聞いてみたいです。 ブータン国王が結婚 21歳の一般女性と – MSN産経ニュース http://t.co/pckrtqib

— nikko (@Nikko_Osaka) October 13, 2011

民族・宗教の時代

帝国主義の時代は侵略戦争があって、日本だけでなく世界も、更に戦後も日本だけでなく世界も植民地獲得戦争はなくなった。但し、未だにあるのが民族・宗教戦争ともう一つ、超大国の衛星国獲得と独立を巡るものだ。

— 山崎弘樹 H.Yamazaki (@puremalt2010) January 29, 2019

イスラエル問題に見るように、民族、宗教問題は一概にどちらを正義とは言えませんからね。被害者だったものが加害者になる事もある。 RT @ant_onion: 西夏・吐蕃時代の再来ですか。それはそれでアレなことになりそうな…。

— アーサー・ペンドラゴン (@excaliburchalic) March 5, 2012

呆気無く清帝国が滅んで、シナ大陸から帝国の時代が去りましたが、1200年余にわたる国家統制システムと文化の崩壊とその後の混乱は数十年間続き、今も独裁的な政権によって支えられています。巨大な国土、多数の民族・宗教を抱えて統一した国家を維持するということは大変ですね。#sensou

— 『世界全戦争史』エイチアンドアイ (@kyukyodo) April 22, 2011

冷戦時代に、世界レベルで宗教組織、宗教をベースにした反共組織を支援し続けたのはアメリカであり、その具体的な行動はCIAがやっていたわけで。実は冷戦後の民族・宗教闘争はほとんどアメリカのせい、という見方もある。

— 山田志門 (ɐpɐɯɐʎ uoɯıɥs) (@shimon_yamada) August 15, 2009

民族・宗教の世界・特集

第二次世界大戦末期から40年以上続いた冷戦に終止符

平成元年こと1989年、のっけから昭和天皇崩御するわソ連がアフガン撤退するわポーランドで東欧革命始まるわ中国で六四天安門事件起きるわベルリンの壁崩壊するわマルタ会談で冷戦終結するわパパブッシュ政権がパナマ侵攻に踏み切るわルーマニアでチャウシェスク公開処刑されるわと激動すぎる
— 酔鏡仙 (@suikyosen) April 16, 2019

国際

社会

社会

社会

生活

生活

生活

社会

社会

国際

社会

生活